プロフィール

雨塚さり

Author:雨塚さり
プリンの妖精に惑わされた一人。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします♪
コメント、拍手していただけると嬉しいです♪

カテゴリー

web拍手


↑何か御用がある方はお気軽にご利用ください。
感想をいただけると泣いて喜びます♪
お礼は現在1つです。

リンク&登録サーチ様(敬称略)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛憎混合

・アニャロイ
・今回ロイドさん♂です

・15歳未満の方閲覧禁止します。
・ネタだけ思い付いたんだけど、書けそうに無いので流れだけです…

それでもOKな方はどうぞ。
↓↓↓

来るもの拒まずで体を開くロイド。そんなロイドに恋心を抱いていたアーニャが、それを知ってしまう。



「今日は、誰?」

「え?」

「知ってる。ロイドは、スザクともジノともセックスしてる。他にもたくさん」

「そっ、かぁ…」

「なぜ?」

「ん~…別に断る理由ないからね」

「好きじゃないのに、ロイドはセックスできる?」

「……君みたいな女の子にこんなこと言うのもなんだけど、僕も男の子だしね…」

「気持ち悪い」

「………へ?」

「毎日毎日、ひっくり返ったカエルみたいに足開いて、アナルにペニス突っ込まれてるんでしょ?犬みたく涎垂らして腰振って、本当に最低。臭くて汚い公衆便所。お腹の中でいろんな男のおたまじゃくしがうじゃうじゃ泳いでるのって、そんなに気持ちいい?」

「アーニャ君、何を…っ」

「私がロイドの体を洗ってあげる。ロイドは…誰よりも綺麗じゃないといけない…」

ロイドの手首を掴むアーニャの瞳は、明らかな怒りを写し出していた。








で、お風呂でシャワーを駆使したセックスや、貞操帯プレイによるアーニャの調教がスタートする…と、まぁそういうことです。

アニャたんは純粋だから、誰にでも体を許しちゃうロイドさんにすごくショック受けちゃうといいな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。