プロフィール

雨塚さり

Author:雨塚さり
プリンの妖精に惑わされた一人。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします♪
コメント、拍手していただけると嬉しいです♪

カテゴリー

web拍手


↑何か御用がある方はお気軽にご利用ください。
感想をいただけると泣いて喜びます♪
お礼は現在1つです。

リンク&登録サーチ様(敬称略)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊技場攻防戦

20話でセシルさん&ジノはビリヤード。ロイドさんはダーツやってましたが、あれ最初はロイドさんもビリヤードやってたんだと思います。
ビリヤード台に上半身乗っかるようにしてお尻をつきだし、玉をつこうとするロイドさんwww
が、キューは目の前の玉を掠りもせずに空振り。(どんだけ運動オンチだよwww)

「あれぇ?」

ロイドさんのお尻に見とれていたジノが『これはチャンス!!』とばかりに

「私が教えましょう♪」

なんて下心丸見えで手取り足取り腰とりロイドさんにビリヤードを教えようとするが、セシルさんがそれを許すはずもなく……

「いえロイドさんには私が教えます(ロイドさんの腰を触りながら教えるのは私です)」

こちらも下心丸出し。

「わかりました。ではビリヤードで勝負して買った方がロイド伯爵の腰を自由にできるというのはどうですか?」

「望むところです!!」

なぜかビリヤード教えるからロイドさんの腰をどうのこうのという話へ。勝負はお互い一歩も譲らぬ展開となるが、ややセシルさんに有利。

「て、手強い…(このままではロイドの腰を堪能できなくなってしまう!!!)」

「ふふふ…(ロイドさんの腰は私が…)」




トスッ

「あらぁ~?」

一方ロイドさんは一触即発のムードなんかなんのその。ビリヤードに飽きて気ままにダーツをしてました。



その後、ロイドさんを探しに来たスザク&シュナイゼル殿下が現れ勝負はうやむやに…
誰もロイドさんの腰を手に入れることは出来なかった。





まで、妄想しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。