プロフィール

雨塚さり

Author:雨塚さり
プリンの妖精に惑わされた一人。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします♪
コメント、拍手していただけると嬉しいです♪

カテゴリー

web拍手


↑何か御用がある方はお気軽にご利用ください。
感想をいただけると泣いて喜びます♪
お礼は現在1つです。

リンク&登録サーチ様(敬称略)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下の続き

「ロイドさん、一旦床掃除はやめて、汚れた体をみんなに綺麗にしてもらってください。特に濡れてしまったところを重点的に…」

「はい、ご主人様…」

他のメイドの前に体を差し出すロイド。メイド達はいっせいにロイドの体にモップを押し付ける。
スザクが言った通り、特に汚れた部分…性器に、モップが集まる。

「は、あ…ん…っ///」

布が擦られる刺激に、ロイドのソレからはどんどん精液が溢れだし、さらに体を汚す。

「ああ、せっかくみんなが拭いてくれているのにまた汚して…。みんな?ロイドさんの体がちゃんと綺麗になるまで、掃除をやめちゃいけないよ?」

「「「イエス、マイロード」」」

結局、ロイドはメイド達に与えられる刺激に精液を垂れ流し続けることとなり、ロイドの性が完全に枯れ果てるまで、その掃除は続いた………


「はぁ…っ、はぁ…う…っ」

休みなく何度も絶頂を与えられ続け、ロイドの体力は限界を迎える。

「うん、ちゃんと綺麗になりましたね。じゃあ、床掃除を続けてください」

「は、い…ごしゅじん、さまぁ…っ」

ロイドは震える体に鞭を撃ち、精液まみれになった雑巾で再び床を研き始めた……








スザク最低だwww
でも私がもっと最低だwww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。