プロフィール

雨塚さり

Author:雨塚さり
プリンの妖精に惑わされた一人。
駄文しか書けませんが、よろしくお願いします♪
コメント、拍手していただけると嬉しいです♪

カテゴリー

web拍手


↑何か御用がある方はお気軽にご利用ください。
感想をいただけると泣いて喜びます♪
お礼は現在1つです。

リンク&登録サーチ様(敬称略)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(^p^)

ちなみに、拘束中のおトイレの妄想はロイドさんのみに適用されます。他の人は普通に手の拘束外してもらって一人で用を足します。
ロイドさんだけ特別扱いです。

私はむしろ、女子牢中ロイドさん以外は拘束されてなくてもいいと思ってる。
むしろ、牢屋の中だけじゃなくても女性キャラに定期的に縛られていてもいいと思う。

おもらし表現あり注意














「~~~~~っ!!!」
下腹部に彼女の全体重をかけられ、ロイドは堪えられずに失禁する。唇に唇でぴったりと蓋をされたまま、口から漏れ出る悲鳴はすべてラクシャータに飲み込まれた。
生暖かい液体が股から流れ出、太股を伝わる不快な感覚に、ロイドの心臓は一気に凍りつく。この場にいるのはラクシャータだけじゃない。セシル、ニーナ、咲世子、ここにいる全員に、自分の恥態がさらされてしまったのだ。
はやく止まってくれと望むものの、長く我慢してきた尿意は納まらず尿道からは壊れた蛇口のようにだらだらと尿が流れる。下肢を包む固い生地の拘束着は、ロイドの流した尿を吸い込みじっとりと肌に張り付いた。
「ぷはっ!!あ…ぃ、やだぁ…」
やっと唇を解放され、ロイドは涙を溢しながら必死に息を吸い込む。ラクシャータは満足そうな笑みを浮かべ、器用に立ち上がりロイドを見下ろした。
「ロイド…あんた、やっぱりかわいい奴だよ…」
「っ…」
ラクシャータの後ろに、よく知る人たちの顔が並んでいる。その視線のさきは、自分の下にできた水溜まりを差していた。









乱交させたほうがいいかなぁ…www
書けたらまた微妙に書きます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。